ご購入の際にカラーや仕様をお選びいただけます。他にもご希望がございましたら、お気軽にご相談くださいませ。

ラジオNIKKEI第1『伊藤圭一のサウンド・クオリア』

2012年9月15日(土)

       
          音楽プロデューサー 伊藤圭一

当社代表であり音楽プロデューサー、エンジニアの「伊藤圭一」が、
2012年10月より、ラジオNIIKKEIにて2時間番組のパーソナリティを務めることとなりました。

-----------------------------------

放送日  :毎週日曜 22時〜24時
放送局  :ラジオNIKKEI第1
番組名  :『伊藤圭一のサウンド・クオリア』〜音の魔術師がお届けする、心安らぐ上質な音楽
パーソナリティ:伊藤 圭一

オープニング・テーマ曲:「やさしさの波紋」
エンディング・テーマ曲:「風色の稜線」
※ともに、CD『美しの里〜LEGEND OF PEACH VALLEY』(音楽:黒石ひとみ)に収録
 番組内では、ライブ・バージョンにてお送りしています。

-----------------------------------

ラジオNIKKEI は、全国放送している、唯一の民放局です。
(他に全国放送しているのは、NHKと放送大学のみです。)

以前は、短波放送と呼ばれ、ビジネス中心の放送局でしたが、
ラジコによってスマホやコンピューターでも聞けるようになり
音質がFM放送と同じになったことで、本格的な音楽番組を送り出すことになりました。
日経が贈る、大人のための全国放送の音楽番組が『伊藤圭一のサウンド・クオリア』です。

      
伊藤圭一の功績


【番組内容】
”音の魔術師” と呼ばれるサウンド・プロデューサー伊藤圭一がお送りする未体験音楽ゾーン。
サウンドのクオリティを追求し続ける彼だからこそお届けできる「本物の音楽」。
番組の最後には、心安らぐ音楽に包まれて深い眠りに就く、そんな贅沢な日曜の夜をお過ごしください。

※ラジオを、インターネットや携帯からお聴きいただけます。
radiko.jp】で検索


※詳しくはラジオNIKKEIのご案内ページをご確認ください。


------------------------------------------------------------------------------------------

東京の南青山にある本社地下に、ハイエンドの機材を有したプロフェッショナル・
レコーディング・スタジオを所有し、日夜サウンドのクオリティを追求し続けている伊藤圭一。
サウンド・プロデューサーとは、レコーディングからマスタリングまで、音楽制作の一部始終に関わり、
作曲家や編曲家が作った楽曲に息吹を吹き込み、輝きを与える仕事。
楽器や機材、ミュージシャンとの信頼関係など、深い造詣と高度な技術が必要とされる。
正に縁の下の力持ち、陰の音の仕掛け人。

「サウンド・クオリア」という言葉は、「上質な音」「心安らぐ音の空間」をイメージしています。
心安らぐ上質な音楽とは、聴く人にとって、美しい音楽、ゆたかな音楽、健やかなる音楽、
癒される音楽のことです。
それは、理論的に、医学・心理学的観点からも立証された、動植物さえも癒やされる音楽です。

伊藤圭一がプロの感性で選ぶお勧めの楽曲を、全て自らの技術でリマスタリングし、
できるだけフルサイズで聞いて頂きます。ジャンルを超えたあらゆる音楽を取り上げるほか、
単に音楽番組としての枠に収まらず、美しい音、やすらぐ音、幸せを感じる音をお聞かせします。
また、じっくりと音楽をお聴きいただく一方で、ゲストをお呼びして、ビジネスマンや大人の
聴取者が多いラジオNIKKEIならではの、社会・経済などあらゆる話題について、対談を繰り広げます。
番組の最後には、心地よい音楽に包まれて深い眠りに就く、そんな贅沢な日曜日の夜をお過ごし下さい。






Kim Studio での作業
  

----------------------------------------------------------------------------------------

「音楽は耳から効くお薬です」  (伊藤圭一のトークより抜粋)


音楽は、食べ物のようにお腹を満たしてはくれませんが、
“心” を満たしてくれます。

食べ物のように賞味期限はありません。

音楽は、薬のように治療はしてくれませんが、
疲れを癒してくれます。

薬と違って副作用の心配はありません。

音楽は、お金や物のように財産にはなりませんが、
豊かな気持ちにしてくれます。

覚えてしまったメロディーは、
消えてなくなることはありませんし、
誰にも奪うことはできないのです。

一生・・・そう、ず〜っと、
あなたのそばに居てくれるのです。


------------------------------------------------------------------------------------------