トップページ  カートをみる  マイページへログイン  ご利用案内  お問い合せ  お客様の声  サイトマップ
  

ご購入の際にカラーや仕様をお選びいただけます。他にもご希望がございましたら、お気軽にご相談くださいませ。

ピアニスト「美野 春樹」さんのレコーディング

1月20日(金)

      オマケ♪

先日、作曲家でピアニストの「美野 春樹」(みのはるき)さんにスタジオにお越しいただきました。
美野さんは東京芸大を御卒業。今では作編曲家としてはもちろん、
スタジオ・ミュージシャンやピアニストとしても大変ご活躍されています。

また、ジャズピアノプレイヤーとして、クラシック音楽をベースに即興を行う「美野春樹トリオ」を結成し、
アレンジの天才としても、多くの音楽家から信望を集めているピアニストです。

美野さんのピアノは、CMやドラマ、映画などで誰もが耳にしています。
(例:「そうだ、京都いこう。」のCM、映画「ALWAYS三丁目の夕日」など)

そんな美野さんが、近々「美野春樹ピアノトリオ」でコンサートにご出演されるそうです。
クラシックの名曲から懐かしのJ-POPS、POPSなどをジャズで体験できるステージで、
大人から子供までが楽しめる内容となっています。
ぜひ美野さんのピアノ演奏で、素敵な時間をお過ごし下さい

『 美野春樹ピアノトリオ Oshalle おしゃれ JAZZ in Kokubunji 』
  日時:2012年1月29日(日)
  場所:国分寺市立いずみホール
  前売:3,000円 当日:3,500円[全席自由]
  お問い合わせ:いずみホール TEL 042-323-1491



そして、美野春樹さんには、 Kim Studio にてたくさんの演奏をしていただいています。
弊社で制作されたCDの中では、特に、ヴァイオリン奏者「篠崎正嗣」さんのCD制作の際、
ピアニストとしてだけでなく作曲家としても、大変お世話になりました。
美野さんの曲は、篠崎さんが出演するステージで何度も演奏されており、「癒やされる」と評判です。


ヴァイオリン・二胡:篠崎正嗣





黒石ひとみ、1月スタートのアニメ新番組『八犬伝』音楽を担当!

12月6日(木)

           
       『八犬伝ー東方八犬異聞ー』の公式HP 画像をクリック↑

【お知らせ】
2013年1月からスタートのTVアニメーション『八犬伝ー東方八犬異聞ー』の音楽を、
黒石ひとみが担当します!

原作は『CIEL』(角川書店)にて連載中の、あべ美幸さんの大人気コミック。
TVアニメは、原作での世界観がとても忠実に再現されていて、絵も美しく、
たまに入るギャグと非常にシリアスなシーンとのバランスも絶妙で、ぐんぐん引き込まれます。

<ストーリー>
5年前、突然広まった謎の疫病が、他の村々に飛び火するのを防ぐ為に焼き尽くされた大塚村。
その生き残りである信乃、荘介、浜路の三人は村はずれの教会で保護され、静かに暮らしていた。
村の焼失事件以来、信乃と荘介には特殊な能力が備わり、その噂を聞きつけた教会本部の画策によって
浜路が攫われ・・・

<放送情報>
MBS      : 毎週土曜日深夜2時58分〜
TOKYO MX : 毎週日曜日22時30分〜
テレビ愛知   : 毎週木曜日深夜1時35分〜
BS11     : 毎週土曜日23時〜

※編成の都合により放送曜日、時間が変更になる可能性がございます。

黒石ひとみの公式HPは、↓コチラ!

ヘルマンハープ「梶原千沙都さん」の録音

10月24日(水)

       

本日は、ヘルマンハープの録音のため、ヘルマンハープ協会の理事長である
「梶原千沙都」(かじわら ちさと)さんが、Kim Studio にお越し下さいました。

ヘルマンハープは、ドイツのヘルマン・フェー氏がダウン症の息子のために開発した楽器です。

       


       

2003年、ドイツでヘルマンハープに出会った千沙都さんは、この楽器の日本での普及を願い、
ドイツで創業者一族の信任を得て、ついに2004年より日本での普及活動を開始されました。

       

今や、全国の教室数は約170。本国ドイツにも存在しなかったヘルマンハープの奏法を開発され、
2010年にはドイツ人の指導者向けに奏法のセミナーを開催し、高い評価を得て
日本のみならず、ドイツ内の出版依頼も多く寄せられています。

日本ヘルマンハープ協会のHPは、コチラ!
千沙都さんのコメント、演奏、楽器についての詳しい説明など、楽しくご覧いただけます。

       

【ボルドーワイン収穫祭2012 in 赤坂サカス】のライブ演奏家

11月16日(金)

【ボルドーワイン収穫祭2012 in 赤坂サカス】のライブ・メンバー in 楽屋☆

 皆さん、素の状態です。笑

       
 左から、朝川朋之さん、篠崎正嗣さん、Kanaさん、大石真理恵さん

       


       

<ボルドー・ライブ 演奏家の皆様>

篠崎正嗣さん (ヴァイオリン、二胡)
朝川朋之さん (ハープ)
大石真理恵さん(パーカッション)
Kanaさん   (フルート)

"ワインに合う音楽”ということで抜擢され、今回会場内でテーマ曲のようにずっと流れていた曲は、
篠崎正嗣さんのCD『 Rhapsodie 』(ラプソディ)
(伊藤圭一がサウンド・プロデュース、 Kim Studio にて制作)に、4曲収録されています。

このCDでは、篠崎さんの素晴らしいバイオリン・二胡の演奏を堪能していただけます。
個人的に、「Rhapsodie Sympathique」「シャノアールのハイヒール」は
ワインに合う音楽として、かなり!!お洒落♪クール♪なので、オススメです。

ハープ奏者「朝川 朋之」さん 

10月20日(土)


        

ハープ奏者としては日本一といっても過言ではなく、世界でも高い評価を受けている
「朝川 朋之」(あさかわ ともゆき)さんが、 Kim Studio での録音にお越し下さいました。

朝川さんの演奏技術や素晴らしい感性は、海外でも真似できないほどのレベルです。
幼少から、音楽家としてあまりの天才的な才能ゆえに、色々と苦労も多いとのことですが、
やはり、朝川さんの演奏するハープの音色の美しさに心打たれない方はいないことでしょう。


 Kim Studio では、そんな朝川さんの素晴らしい音色を極めて立体的に再現できる録音手法をとっています。
エンジニア&サウンド・プロデューサーは”音の魔術師”といわれる伊藤圭一で、
弊社のオリジナル・レーベルである『美しの里』(ヒーリング・サウンドです)では、
そんな朝川さんのハープを、最高音質で、存分にご堪能いただけます。


そして何と、ボルドーワイン収穫祭2012 in 赤坂サカスでは、朝川 朋之さんがご出演下さいます。
ライブならではの即興アレンジなど、普段見られないハープ演奏が盛り沢山ですので、
ぜひ皆様、朝川さんの演奏も楽しみに、気軽にお越し頂けたら嬉しいです。



      

朝川朋之さんのGreat!!なハープ演奏を最高音質でご堪能いただけるCD
・CD『ハープで聴く美しの里〜美しい音の波動で健やかに』(すごく美しい音色です^^*)
など


【ボルドーワイン収穫祭2012 in 赤坂サカス】の情報は、コチラ!


*伊藤 圭一サウンド・プロデュースのライブ・イベント*

10月21日(日)




サウンド・プロデューサー伊藤 圭一がプロデュースする
「ボルドーミュージックライブ」!
ワインが存分に楽しめる上に、陰の立て役者、真のプロフェッショナルである
「伊藤 圭一」に会える!
(但し、ステージに出るわけではありませんので、ぜひ会場内で見つけて下さい・・・)

ぜひ楽しみにお越しいただければ嬉しいです。
前売りチケットはネットサイトよりお買い求めいただけます。
http://sacas.net/ 

              
                     拡大表示


              
                     拡大表示

                           

*プロの演奏家*

2012年10月10日(水)
【 最近、Kim Studio にお越し頂いたミュージシャン】
10月初旬

●平原まことさん(フルート、サックス)
  平原さんの演奏は、スタッフ一同、本当に大好きです。
  特に、個人的に好きなのは、『海のトワイライトゾーン』3曲目のサックス演奏は、最高・・・!!
  郷愁溢れる美しいメロディが心に浸みて、ずーっと聴いていたくなります。

        


        


●石橋 雅一さん(オーボエ、イングリッシュホルン)
  普段は大学でも教えていらっしゃる中、お越し下さいました。
  伊藤 圭一のラジオの話をしたら、早速その場で、携帯にradikoを取り込んで下さいました。
  お優しいっっ!!

        


        


   9月下旬

●中川 英二郎さん(トロンボーン)
  まさにプロ!!スタッフが大絶賛でした。
  それまで忙し過ぎてピリピリしていた空気が、嘘のよう。
  「こんなに素晴らしい演奏を聴かせてもらうと、嫌なことなんて全部忘れてしまうね。」と。


        


        


●エリック・ミヤシロさん(トランペット)
  海外の録音では、1曲を納得いくまでとことん時間をかけて録音するのが普通で、
  限られた時間内に何曲も録音していく日本のスタイルとは、全然違うそうです。

        


        


●堀沢真己さん(チェロ)
  いつも、作曲家やプロデューサーが求める演奏、以上の演奏をして下さいます。
  ちょっとしたトークが面白く、いつも和やかに収録が進みます。

        

 こちらは、前回の録音風景です。

        


●Kanaさん(フルート、ピッコロなど)
  何度かご登場いただいている、 Kim Studio が期待する演奏家の一人です。

        

  実は、11月のライブ・イベントにも出演していただく予定です。

        


●時には、大きなスタジオでの録音も行います。
  いつもご活躍下さる「篠崎 正嗣ストリングス」も、向こう側にズラリ。
  次回こそ、写真を撮ります!!

        

  サウンド・プロデューサー伊藤 圭一、まさに作業中です。

        


***********************************

Kim Studio では、実力派のミュージシャンの方に多数お越し頂いています。

上質な音楽を制作するためには、本当の意味で実力のあるミュージシャンが必要です。

よいミュージシャンですと、作曲家やプロデューサーなどが一体何を求めているのか、
どのように演奏して欲しいのかを瞬時に理解し、演奏に反映して下さいます。
ですから、録音が非常にスムースに進みますし、実に和やかに穏やかに作業が進んでいきます。
それだけでなく、新たな楽器の魅力に気付いたり、新しい奏法のチャレンジができるなど、
双方にとって非常に満足度の高い、有意義な時間となります。

質の高い演奏ができるためには、演奏技術のみならず、人間の器、感性、経験、頭の良さなど、
実は、様々な要素が求められます。
ただ楽しく演奏しているだけでは、ダメなんですね。

Kim Studio は、本当に実力のあるプロの演奏家にお越し頂くことがほとんどのため、
プロと、プロになりきれない方との違いを、まざまざと見せつけられている今日この頃です。

*染色家「玉村 咏」個展 伊藤 圭一が音楽プロデュース*

10月2日(火)

        
      上の画像をクリック!玉村 咏HPをご覧いただけます。

          ☆嬉しいお知らせです☆

染色家「玉村 咏」(たまむら えい)さんが、東京の南青山にて個展を開催します。
会場の音楽プロデュースを、弊社代表である伊藤 圭一が手掛けることになりました。

そして、伊藤 圭一がパーソナリティを務めるラジオ新番組『伊藤 圭一のサウンド・クオリア』の
第一回目のゲストとして、なんと、玉村咏さんをお呼びしています。
玉村さんのトークは、本当に面白い!!です。
10月7日(日)22時〜24時 ラジオNIKKEI第1にて、ぜひお聴きいただければ光栄です。


個展の詳細は、以下の通りです。
-------------------------------------------------------------------------------------------

【ふくい南青山291 10周年記念特別企画展 
 玉村咏 Colour World 〜色は形を凌駕する〜】

「見えている色を布の上に再生できないことは私にとって最大の苦痛です。」 玉村 咏

色の構成とハーモニーで、未知の感情を表現することを追い求める委嘱の現代染色アーティスト。
その手から選び取られた絶妙な色彩の数々を、ふくい南青山291にて公開。

会期  :2012年10月3日(水)〜10月13日(土)
時間  :11:00〜19:00(最終日は17:00)
会場  :ふくい南青山291291 2F多目的ホール
       〒107−0062 東京都港区南青山5−4−41 グラッセリア青山内
          主催  :ふくい南青山291
後援  :福井新聞社・福井放送・福井テレビ
音楽プロデュース:伊藤 圭一
入場料 :無料
展示作品:着物、インテリア、ファイバーアート、和装小物など
関連企画:【源氏物語研究家「有田祐子」によるトークショー】
     『源氏物語〜色』を毎日11:30〜会場内にて開催(約30分)
その他 :ご来場の方に「豆入り番茶」と、昭和天皇にも献上された福井の銘菓「松乃露」を振る舞います。


        
           玉村咏さんと有田祐子さん

-------------------------------------------------------------------------------------------

【玉村咏の言葉より 一部抜粋】

「脈々と続いている伝統という時間の中で、同じ仕事に携わってきた幾万の先人達を
 誇りに思うたび、時間がどんなに大切かがよく解ります。」

「絶妙な色のハーモニーは形が作る具現性の魅力を凌駕することができると確信しています。」

「主役はあくまでも人であって、決して着物ではありません。」

「本当に似合う着物は心に添います。」

-------------------------------------------------------------------------------------------

どなたでもぜひお気軽に、玉村咏のアート作品や美しいお着物を楽しみに
ご来場いただけると嬉しいです。

  *音楽プロデューサー「伊藤 圭一」 ラジオのパーソナリティ*

9月15日(土)

       
          音楽プロデューサー 伊藤 圭一

当社代表であり音楽プロデューサー、エンジニアとしてありとあらゆる方面で活躍する
「伊藤 圭一」が、なんと、「本物の音楽」を皆様にお届けすべく、
ラジオNIIKKEI第1で、2時間番組のパーソナリティを務めることとなりました。

-----------------------------------

放送開始日  :10月7日(日)スタート 毎週日曜22時〜24時
ラジオ放送局 :ラジオNIKKEI第1
番組名    :『伊藤 圭一のサウンド・クオリア』〜音の魔術師がお届けする、心安らぐ上質な音楽
パーソナリティ:伊藤 圭一

※ラジオを、インターネットでも聴くことができます。(radiko(ラディコ)は、コチラから! )

-----------------------------------

これまで伊藤 圭一は、自分が前に出るのではなく、前に出るアーティストを支える立場として、
陰の舵取りをずっとし続けてまいりました。
ところが、近年、日本の音楽レベルはどんどん下がり、ビジネス優先であったり、
アーティストの自己満足のような安易な音楽ばかりが増えて、聴く人の心が
本当に心安らぐ音楽、心から良いと思えるような音楽がどんどん減ってしまいました。

そこで、皆様によい音楽をたくさん聴いていただいたり、本当に音楽を好きになっていただくために、
ありとあらゆる視点から音楽について知っていただけるような、プロ視点の、
本物の音楽番組を作ろうという、かつてない試みなのです。

ぜひ、お聴きいただければ嬉しいです。

      伊藤 圭一の功績


【番組内容】
”音の魔術師” と呼ばれるサウンド・プロデューサー伊藤圭一がお送りする未体験音楽ゾーン。
サウンドのクオリティを追求し続ける彼だからこそお届けできる「本物の音楽」。
番組の最後には、心安らぐ音楽に包まれて深い眠りに就く、そんな贅沢な日曜の夜をお過ごしください。

------------------------------------------------------------------------------------------

伊藤 圭一は、株式会社 ケイ・アイ・エムの代表であり、音楽プロデューサー、エンジニアです。
東京の南青山にある本社に、トップエンドの機材を有したプロフェッショナル・レコーディング・スタジオを
所有し、日夜サウンドのクオリティを追求し続けています。

サウンド・プロデューサーとは、レコーディングからマスタリングまで、音楽制作の一部始終に関わり、
作曲家や編曲家が作った楽曲に息吹を吹き込み、輝きを与える仕事です。
楽器や機材、ミュージシャンとの信頼関係など、深い造詣と高度な技術が必要とされる、
正に縁の下の力持ち、陰の音の仕掛け人なのです。

タイトルの「サウンド・クオリア」は、「上質な音」「心安らぐ音の空間」をイメージしています。
聴く人にとって、美しい音楽、ゆたかな音楽、健やかなる音楽、癒される音楽。
理論的に、医学・心理学的観点からも立証された、動植物さえも癒やされる音楽です。

上質な作品を作るためには、膨大な時間や予算がかかります。
商業主義の音楽や、効率的な作品づくりとは一線を画した、本物の音楽との出会いをお届けします。
伊藤 圭一がサウンド・プロデューサーの感性で選ぶ、お勧めの楽曲を
全て自らの技術でリマスタリングし、できるだけフルサイズで聞いていただきます。
ジャンルを超えたあらゆる音楽を取り上げるほか、単に音楽番組としての枠に収まらず、
美しい音、やすらぐ音、幸せを感じる音をお聞かせします。

心地よい音楽に包まれて深い眠りに就く、そんな贅沢な日曜日の夜をお過ごし下さい。






Kim Studio での作業
  

【番組内容の例】(まだ未定)

・サウンド・プロデューサーの感性で選ぶお薦めの作品
   クオリティーの高い音楽とは何か
   うもれた素晴らしい音楽を紹介 映像で流れるBGMなど
   音楽の聴き方の提案

・音作りのノウハウ、レコーディングやミキシングのノウハウ、技、テクニックを紹介

・楽器の魅力(楽器紹介)
   あらゆる楽器にスポットをあてる 民族楽器の紹介
   楽器にスポットを当てた音楽の紹介

・ゲスト・コーナー
   音楽業界の立役者、実力者にスポットを当てる
   作曲家、アレンジャー、ミュージシャン、エンジニア
   音楽業界以外のトップ・プロフェッショナル

・オーディオについて
   良い音で音楽を聞くということ

・オーディション(未定)
   リスナーが自分の録音を応募できる                など


番組についてのご意見、ご要望は、ぜひ受け付けておりますので、こちらのサイト、
「お問い合わせ」メールより、どしどしお寄せ下さい。

************************************



ラジオをインターネットからも聴くことができますので、とても便利です。
(radiko(ラディコ)は、コチラから! )


【「radiko」(ラジコ)について】

ラジオNIKKEIは、今年の7月より、日本全国47都道府県でお聴きいただけます!
ラジオNIKKEIは"パソコンがそのままラジオになる"IPサイマルラジオ《radiko.jp》”の
配信に参加しています。

登録などの手続きは一切無し。
インターネットラジオよりもクリアな音声で番組をお聴きいただけるサービスです。

※radiko.jpをパソコンでお聴きいただくには、Adobe Flash Playerがインストール
されていることが必要です。
※スマートフォンやタブレットでは、radiko.jpアプリをご利用ください。
※推奨環境などの詳細については、radiko.jpサイトにあるFAQをご確認ください。
http://radiko.jp/q_a/

************************************

*染色家「玉村 咏」さんの作品*

8月23日(木)

      
ファイバーアートによる作品 福井新聞社のビル内にも展示
  

今日は、京都の染色家「玉村 咏」さんの作品を、ご紹介します。
どういう作品をこのブログでご紹介しようかと悩んだのですが、ありとあらゆる作品があって、
どれも繊細で、本当にお美しいのです・・・
玉村さんご本人にも、どの写真を使用してよいかと確認したのところ、全てお任せ下さいました。
そこで、数ある素晴らしい作品の中から、一部だけ厳選してご紹介します。


ホテルニューオータニ(東京、熊本など)のフロントやスウィートルームなどのデザインを
総合的にプロデュースされた時の写真です



        


日常使いができる、女性が思わず喜びそうな小物も、たくさんあります



着物の作品は、モダンでありながら気品溢れる作品ばかりです。
ご興味のある方は、玉村咏さんのHP『そめこうげい攸』にてじっくりとご覧下さい。

『そめこうげい攸』はコチラから!

      

      

*染色家「玉村 咏」さん*

8月18日(土)


        

京都の染色家、玉村 咏(たまむら えい)さんが、 Kim Studio にお越し下さいました。

【玉村 咏さんのご紹介】
染色を独学ののち、1983年、京都に『そめこうげい攸』を設立。
京染の伝統をうけつぎながら「そめ」の新しい表現の可能性を目指し、創作にあたる。
きもの等の和装以外に、タペストリー、インテリア、屏風、ファイバーアートの造形作品等、
現代に活きる染色作品を制作。
オリジナルな作品づくりの為に、発想、デザインから最終工程まで 10余りに分かれる工程を、
すべて工房内で一貫制作する。
東京、京都、福井にて2年に一度新作を発表。今年は東京にて、10月に個展を開く予定。


実は、弊社の音楽プロデューサーと同郷ということもあり、交流を重ねていくうちに
すっかり意気投合し、光栄なことに、近々一緒にお仕事もさせていただくことになりました。

隣にいらっしゃるのは、『そめこうげい攸』の広報を担当、源氏物語研究家の「有田 祐子」さんです。
お着物と笑顔のよく似合う方で、玉村さんとはお二人で漫才?!ができるほどの名コンピです。

        

近々、染色と音楽とが融合するイベントが開催される予定です。乞うご期待!

『 KOI Tiger 』というスピーカー

8月11日(土)

     

『大英博物館 古代エジプト展』で使用されている弊社の音楽は、
アメリカのKOI社が開発した『 KOI Tiger 』というスピーカー・システムから流れています。

なぜ、KOIのスピーカーなのでしょうか。

素晴らしい音楽には、ハイクオリティなスピーカーが必要です。
また、展覧会という特殊な環境に相応しいものでなければなりません。
そこで、全ての条件を満たしている『 KOI Tiger 』が採用されたのです。

【『 KOI Tiger 』の特徴】
●最新の音響技術を駆使した超小型スピーカーで高音質
●「人間心理音響学」に基づく、人間が最も自然に感じることのできるサウンド
●世界を代表するジャズの音楽大学「バークリー音楽大学」(ボストン)と
 長年にわたって共同研究・開発
●低音の量を自由に調整可能        など


            

実は、弊社の音楽プロデューサーである伊藤 圭一も、自宅でKOIのスピーカーを愛用しています。
また、KOIのスピーカーが採用されるにあたって、 Kim Studio において
音響チェックが行われました。
その結果、満場一致、全員が納得のクオリティでした。

KOIのスピーカーは、こういったイベント会場に限らず、あらゆる場所で使用されています。
最近は、高音質な音響装置を求める人たちの間で話題となり、生産が追いつかないほどだそうです。

古代エジプト展では、会場内に設置されているKOIのスピーカーにもぜひご注目下さい。

『大英博物館 古代エジプト展』でのCD販売

8月6日(月)

       


六本木ヒルズで開催中の『大英博物館 古代エジプト展』(森タワー52F)グッズショップでは
『美しの里』のCDが4枚、販売されています。

CDの真横にあるスピーカーは、今回クオリティの高い音響機器としてご協力下さっている、
『 KOI Tiger 』という製品です。
エジプト展で特別販売されている図録と一緒に、CDも目立つ位置に置いて下さっています。

       
  
一番メインのCDは、古代エジプト展BGMとイメージ音楽の全てを収録した
新譜『 Wind from Ancient Times (古からの風)』で、会場で聴いて気に入って下さる方がとても多いです。
その他にも、音声ガイドなどで使用されている曲が1〜3曲入った弊社のCD、
『美しの里〜四季』(黒石ひとみ)『 Percussive Graphics 』(梯郁夫)『 Rhapsodie 』(篠崎正嗣)

も販売されています。

       


六本木ヒルズの52Fから観る景色はとてもロマンティックで、
古代エジプト展に来られた際に、一緒に展望台を楽しむこともできますので、
この夏のイベントとして、十分にお楽しみいただけます。


        

Kim Studio の音楽プロデューサー 朝日新聞に掲載

7月18日(水)
        

               拡大表示

六本木ヒルズにて開催中の『大英博物館 古代エジプト展』では、 Kim Studio にて制作された

様々なアーティストによる音楽が、BGMとして楽しめます。
通常、美術館や展覧会などでは音楽を流さないのが普通なのですが、
今回は、主催される関係者の方たちにとっても、初めての試みとのことでした。

その音楽制作を弊社が担当しているのですが、そのことが、朝日新聞でも取り上げられました。
【音でいざなう古代の神秘】ということで、弊社のサウンド・プロデューサー&エンジニア
である伊藤圭一も紹介されています。

作曲家は、黒石ひとみ(ボイスなども担当)さんをはじめとして、梯 郁夫さん、篠崎 正嗣さんなど
業界でトップのミュージシャンばかりです。

これからご覧になられる方は、ぜひ音楽にも注目していただけると嬉しいです。

『美しの里』録音 Flute奏者のKanaさん

7月10日(火)

        

本日は、『美しの里』第3弾となる予定の曲を録音しました。
愛らしい雰囲気のFlute奏者「Kana」さんが、Kim Studio にお越し下さいました。

フルート奏者としては珍しい音色を出されたり、個性ある奏法をお持ちの方で、
『美しの里』音楽に合っているということで、今回初めて抜擢されました。

今後どんな活躍をされていくのか、とても楽しみです。


        


        

『古代エジプト展』レストラン内にある棺のレプリカ

7月08日(水)

        


六本木ヒルズで開催中の『大英博物館 古代エジプト展』(森タワー52F)と
同じフロアにあるレストラン「マドラウンジ スパイス」に、
NHKのスタッフの方が、古代エジプトの棺を真似て制作されたレプリカが展示されています。

上の写真が、その棺です!
かなり精巧に作られていて、まるで本物のようでした。

この日は担当者の方と一緒に、その棺を拝見しに、そして、レストラン内で流れている
当社のエジプト展用BGMを聴きに行ってまいりました。


        

担当者の方のサイズが、棺のサイズとあまりにぴったりだったので、びっくり!!
思わず写真を撮ってしまいました^^*


        

52Fからの素晴らしい景色と古代エジプトの風を感じて、気分も盛り上がります。
ぜひ一度、足を運んでみてはいかがでしょうか。

古代エジプト展用BGMの録音 三井 大生さん

6月22日(水)

        


本日は、『大英博物館 古代エジプト展』BGM用の音楽を録音しました。
現在、当社でCD制作中のバイオリン奏者「三井 大生」さんが、Kim Studio に
お越し下さいました。

彼の演奏はとても独特で、誰にも出せないようなエスニックで不思議な音色を奏でて下さいます。
それが、古代エジプト展の雰囲気にぴったりだということで、今回お呼びしました。

個性的かつ魅力的な音色にするために、三井さんと当社の音楽プロデューサーが
根気強く、何度も録音を重ねました。
こうして、ようやく出来上がったバイオリンの音色は、
現在、古代エジプト展のグッズ販売ショップにて、お聴きいただくことができます。

また、7月14日発売のCD『 Wind from Ancient Times (古からの風)』にも
三井 大生さんのバイオリンが収録されています。


        

古代エジプト展BGMの録音 チェロ奏者 堀沢真己さん

6月20日(水)

        


六本木ヒルズで開催中の『大英博物館 古代エジプト展』で使用するBGM収録のため、
チェロ奏者の堀沢 真己(ほりさわ まさみ)さんが Kim Studio にお越し下さいました。

堀沢さんは、『美しの里』プロジェクトの主要メンバーで、トップスタジオミュージシャンとして
活躍されるだけでなく、あらゆるミュージシャンのライブにも参加されています。

大英エジプト展グッズの販売ショップで流れているBGM『大地の再生』では、
彼のとにかく美しすぎるチェロの音色が存分に味わえます。

『大地の再生』は、7月14日発売のCD『 Wind from Ancient Times (古からの風)』
に収録されています。



        


【差し入れクイーン】にお越しいただきました!

6月13日(水)

        


本日、日頃から大変お世話になっている音楽出版会社の【差し入れクイーン】 が、お越し下さいました。
この呼び名は、彼女がお持ち下さるスウィーツの評判があまりに素晴らしいため、
周囲の方から呼ばれている愛称です。

本日のスウィーツも、恵比寿で限定販売の、これまた評判のお店とのことです。
見た目、中身ともに、何ともいえずそそられますね^^*


        

*古代エジプト展用BGMの録音 梯 郁夫さん*

5月9日(水)

        

世界で活躍するパーカッショニスト、梯郁夫さんが Kim Studio に録音に来て下さいました。
六本木ヒルズで開催中のエジプト展で使用する曲を収録しました。

あらゆる楽器を駆使して曲を制作いたしました。
実際に使用した貴重な楽器を、特別にご紹介します。
まずこちらは、エジプトの楽器です。こんな風に演奏します。

  

        


その他、使用した楽器の一例や、スタジオなどの写真です。

  

  

        

*ヘルマンハープとツィターの録音*

2012年4月18日(水)

        

本日は、ヘルマンハープとツィターの録音ため、 Kim Studio に
日本ヘルマンハープ協会理事長の梶原千沙都さんとツィター奏者のヴィリ・フーバー(Willi Huber)さんが、
お越し下さいました。

ヘルマンハープは、ドイツ人のヘルマン・フェー氏がダウン症の息子のために開発した弦楽器です。
5線譜が読めなくても、美しい音色で簡単に弾けるため、子供から大人まで気軽に楽しめます。

その普及に努める梶原様ご夫妻は、ご自身が演奏をしたり生徒さんの指導をするなど、
日々積極的に活動されています。

     


ツィターは、ドイツ、オーストリアなどでよく使用される弦楽器で、日本の琴に形が似ています。
日本では、いつも缶ビールのCMで流れているメロディが、実はツィターで演奏されているなど、
何気なく私たちが、その独特な音色を耳にしていることも多いようです。

ヴィリ・フーバー(Willi Huber)さんは、数少ないツィター奏者のプロとして
世界中を飛び回っている演奏家です。

     


お越し下さった皆様が、 Kim Studio で作られた音色を聴いて大変感動して下さったため、
次回からは、ヘルマンハープのCD制作をお手伝いすることになりました。

音色がとても美しい楽器なので、出来上がりが非常に楽しみです^^*

*ヴァイオリン奏者「三井 大生」さんの録音*

4月13日(金)

        

本日は、バイオリニスト「三井 大生」さんの録音を行いました。

着々とCD制作は進んでおります。
今回は、番組のテーマ曲などにふさわしいテイストの曲作りです。
Kim Studio でのサウンド作りによって音楽の深みがぐっっっと出て、驚くほど魅力的な曲となりました。


        


******************************※*****


弊社で制作された音楽にご興味をお持ちの方は、
気軽にご相談いただければ嬉しいです。

クオリティはお墨付きで、最初はちょっとしたご相談だったものが、その後大きく展開していったり、
思いも寄らないような素晴らしい結果となるため、
一緒にお仕事をする機会をいただいた方(企業様)には、いつも喜んでいただいております。

人に喜んでいただける音楽提供を、徹底して実践できる、そんなところがKim Studio の魅力です。

三井さんが作曲された曲も、今後どのような場で、どんな方たちの耳に届いていくことでしょう。
今からとても楽しみです。

*公益社団法人「JAIFA50周年記念大会」に黒石ひとみが出演*

6月1(金)、2日(土)

        
                                黒石ひとみが歌っている様子

6月1日、2日に幕張メッセで開催された公益社団法人「JAIFA50周年記念大会」に、
黒石ひとみが特別ゲストとして出演いたしました。
1万2千人という大観衆の前で、しかもそのイベントのフィナーレを
黒石ひとみの歌で締めくくるという、大役です。

ご来場者の方にも大好評で、
黒石ひとみの歌と歌詞とサウンドの世界観に聴衆が引きこまれていました。
サイン会も好評のうちに終えることができました。


こちらがリハーサル時の会場です。とにかく広〜〜いです・・・




黒石ひとみが歌っている様子2
後ろには、JAIFAの会長をはじめ、前会長、理事長などトップの方々が並んでいます。




黒石ひとみが歌っている様子3



黒石ひとみが、この大会にて歌っていた曲は、
  ・『PLANETES(プラネテス)』(6月1日・2日(1曲目))
  ・『WALKING TOUR(ウォーキング・ツアー)』(6月2日(2曲目)) 
です。


☆黒石ひとみ出演までの経緯☆
JAIFA50周年の大会を締めくくるにあたり、どんな音楽が相応しいかを考えたとき、
JAIFA会長には、イメージする曲がありました。
それが、『PLANETES(プラネテス)』です。

黒石ひとみの作る曲は、身近なラブ・ストーリーではなく、地球規模の人間愛を歌った歌詞で、
会長が会員の皆様にお伝えしたいメッセージそのままでした。

しかし、その曲をJAIFAのエンディング曲として使うには、様々な権利的な壁に妨げられ、
一旦は断念せざるを得ませんでした。

ところが、その事情を聞いた黒石ひとみは
「自分が伝えたいことを共感して下さる方がいらっしゃるなら、ぜひ皆様にお会いしたい」
という思いから、急遽友情出演することとなり、
晴れて皆様に歌をお届けできることとなったのです。


下に、黒石ひとみが歌った2曲の歌詞を、一部抜粋してお届けいたします。


********************************

『PLANETES(プラネテス)』の歌詞より

ひとりひとり宇宙のひとかけ
名もなき星それぞれにどんな夢が
未知へ続くトビラの向こう
その先には明日が
黙って待っている

ひとつひとつ生命あるもの
鳥も花も大地も人も全て
めぐり巡る連鎖の果てで
境界線(ライン)のない 幸せを
わかちあう日まで


------------------------------


『WALKING TOUR(ウォーキング・ツアー)』より

星が空から 突然消えても
世界は変わらずに動いて行く
心が荒れて 涙も涸れ果て
それでも太陽は昇って行く

悲しみの波
乗り越えるため
ただ前を向いて歩く
次への一歩へと

歩いて行こう
産まれた証(あかし)に
夢へ続くそれぞれの道を生きるために
愛する人や家族
ひとりじゃないから
つないだ手の幸せが続くよ 明日へと


********************************


*パーカッショニスト 菅原 裕紀 さん*

4月9日(月)

        

先日、パーカッショニストの「菅原 裕紀」(すがわら ゆうき)さんが、録音のため
Kim Studio にお越し下さいました。

パーカッションは、とにかく準備が大変で、重い楽器を積んだトラックのような車から
スタジオに楽器を運びセッティングする作業は、1〜数時間に及びます。

菅原さんは、音にこだわり抜いた、プロの職人さんのようなパーカッショニストで、
最近では、パーカッションをメインとして川井郁子さんなどをゲストに迎えた豪華メンバーで
ライブを行うなど、スタジオのみならずライブ活動なども積極的にされています。

今回も、曲に爽やかで清々しい味付けをして下さり、
その絶妙なテクニックと独特の音色に、スタッフ一同大喜びでした。

*ギター奏者の「古川昌義」さん*

3月22日(木)

        

ギターの古川昌義(ふるかわまさよし)さんが Kim Studio に録音のためお越し下さいました。

数々の著名アーティストとともに演奏されている指折りのトップギタリストで、
ご自身もシンガーソングライターとしてご活躍されています。

「古川さんのギターが入るだけで、どんな曲も素敵に聞こえるね」と、
スタッフ一同、大変感動しておりました。


        

*ホルン奏者「藤田 乙比古」さんの録音*

2月24日(金)

        

先日、ホルン奏者の藤田乙比古(ふじた おとひこ)さんが Kim Studio に
レコーディングのためお越し下さいました。

藤田さんは、ホルン奏者としてトップのミュージシャンで、当社とも長くご縁のある方です。
スタジオミュージシャンとしてだけでなく、最近では東京事変のツアーに参加されたり、
他の演奏家の指導や指揮、更にはCD制作やイベントのサポートなどもされてるなど、
プロデューサーとしても大変ご活躍されています。

今回は『LASTEXILE-銀翼のファム-O.S.T.2』の音楽をメインとする録音でした。
弊社の音楽エンジニアが
「あんなに情緒豊かに、しかも間違えないでホルンを吹いて下さる方は滅多にいない!」
と絶賛しておりました。

最近の藤田乙比古さんのホルンは、黒石ひとみのアルバム
 『Angel Feather Voice 2』 『LASTEXILE-銀翼のファム-O.S.T.2』
でお聴きいただくことができます。

藤田乙比古さんのブログ
http://members3.jcom.home.ne.jp/ottohorn-hornrims/welcome.html

          

トランペットのエリック・ミヤシロさんご来訪

 2月23日(木)

         

トランペット奏者のエリック・ミヤシロさんが 、レコーディングのためKim Studio にお越し下さいました。

エリックさんはハワイ生まれのハワイ育ちで、20代の頃に来日されてからは、
スタジオミュージシャンとしてだけでなくご自身のビッグバンドを結成、
史上稀に見る「怪物バンド」と評され、絶大な人気を誇っています。

本日は、『ラストエグザイル-銀翼のファム-』のための収録でした。

普段は大きなスタジオにセクションでお越しいただくことが多いため、
ソロで Kim Studio にお越しいただく機会は非常に貴重です。

最近のエリックさんのトランペットは、黒石ひとみのアルバム
 『Angel Feather Voice 2』 『LASTEXILE-銀翼のファム-O.S.T.』
でお聴きいただくことができます。


            

*『ラストエグザイル』1/1ヴェスパの展示会*


2月1日(水)

1月24日より1週間、タワーレコード渋谷店1Fにて
『ラストエグザイル-銀翼のファム-』の1/1ヴェスパや主人公ファムの服などが展示されました。

番組に登場する小型飛行機ヴェスパを実寸大で再現、細部までとても精密に作られています。
スチールカットや貴重な設定画など、多くのパネルも展示したこのイベントは
一見の価値ありでした。

       
          拡大表示                    拡大表示



       
          拡大表示                    拡大表示



       
          拡大表示                    拡大表示



       
          拡大表示                    拡大表示



       
          拡大表示                    拡大表示



       
          拡大表示                    拡大表示



       
          拡大表示                    拡大表示


   
          拡大表示

*弊社でCD制作をするヴァイオリニスト「三井大生」さん*

1月31日(火)

  

ヴァイオリン奏者の「三井大生」(みいだいせい)さんが、Kim Studio にお越し下さいました。

三井さんは、弊社でCD制作をされることになりました。

彼の曲を、ハープと共演できるようにアレンジし、ヴァイオリンを初収録しました。

時間が経つごとに味のあるいい演奏になってゆき、まだラフミックスの段階でご自分の曲を
聴いていただいた時には、そのサウンドにとても感動して下さいました。

  



【後日、嬉しいお知らせ!】
三井大生さんの曲が3曲収録されたCD、ついに完成!

こちらのCD内の曲「大地の再生」では、三井さんらしい、異国情緒溢れる演奏も!
どちらも Kim Studio にて収録、生楽器のハイファイなサウンドが立体的かつ美しく再現された、
作品で、お陰様で大好評です^^*


    ハーピスト「朝川朋之」さんのレコーディング

1月21日(土)


        

先日、ハーピストの「朝川 朋之」(あさかわ ともゆき)さんが、録音のため当社にお越し下さいました。

朝川さんは、国内のメディアから流れるハープ演奏の大部分を担当していらっしゃる一流ハーピストです。
世界的に見ても男性のハーピストは珍しいそうで、
あらゆるコンサート、TV、一流アーティストとの共演、CD録音・・・
など多忙なライフスタイルを送られています。

またピアノ、オルガン奏者としても活躍、作編曲やプロデュースまで手掛けられる多才な音楽家です。


        

朝川さんのハープはとても大きく、神々しいような光を放っており、
そこから流れるハープの音色に誰もがうっとり、そして、朝川さんに即興演奏をお願いしたところ、
実に心地よい曲に仕上げて下さって、
「これだけで安眠CDが作れちゃうね・・・」という人もいるくらい、大好評でした。